処女膜再生で人生にハリを与える|包み隠さず相談するのが吉

手術方法の違い

女性

婦人科形成に行けば処女膜再生手術が受けられますが、手術方法は主に3つです。1つめが処女膜再生のプチ手術です。整形の認知度が上がってから、美容クリニックなどでプチ整形を受ける女性がたくさんいますが、処女膜も同じようにプチ手術ができます。これは、膣口付近に残っている処女膜を所々縫い止めるという手術方法で、手術後に性交をすると縫い止めていた糸が切られて出血をするので、パートナーに手術を受けたことがバレる心配はありません。手術費用はおよそ15万円程度とリーズナブルで、手術当日の入浴も認められています。ダウンタイムも比較的少ないのですぐに日常生活に戻れるでしょう。しかし、プチ手術は手軽な分一週間程度で手術の効果が切れてしまうので、処女膜再生手術を受けるならスケジュール調整はしっかり行ないましょう。

処女膜再生には、プチ手術以外にも縫合手術やレーザー手術があります。この2つの手術方法はプチ手術よりも本格的で、術後に性交をすると出血だけではなく痛みも伴います。縫合手術の場合、広がった処女膜をかき集めて元通りに縫い合わせるという非常に繊細な手術方法です。そのためダウンタイムが長く、短くても一週間程は安静にしなければいけません。しかし効果は抜群で、期限もないので処女だった頃に戻りたい女性から人気を得ています。対してレーザーは、事前に熱で膜同士をくっつけてから縫合手術を行なうので体に掛かる負担が多少軽減されます。費用は25万円程と少し高く設定されていますが、ダウンタイムが短くてすみます。