処女膜再生で人生にハリを与える|包み隠さず相談するのが吉

自信を取り戻す

悩む女性

処女膜は女性の純潔を証明する大切なものです。そもそも処女膜とは膣の入り口付近にある粘膜のことで、多くの人は膜のように蓋をしているという印象があるはずですが、完全に塞がれていては生理の時に血が出たり、おりものが出なくなるので、もともと小さく穴が開いています。そのため、初体験の際は膜が破れるのではなく、最初から開いていた穴が押し広げられて粘膜が傷つき血が出るのです。処女膜は一度広がるといくら自然治癒力が高い人でも自然と元通りになることはありません。しかし、医療技術が発達している今なら、婦人科形成などに行くと処女膜再生手術が受けられます。処女膜再生をする理由は人それぞれですが、結婚する前に処女に戻りたい、夫婦関係に刺激を与えないなどの理由から手術に望む人が多くいます。

処女膜再生には、夫婦関係を円滑にしたり、結婚相手に純潔を証明する以外にも様々な効果をもたらします。実は、早い段階で性交をした女性の中には、恋人に対して申し訳ないという気持ちが合ったり、自分に自信が持てないなどのコンプレックスを抱えている人もいます。しかし、処女膜再生手術を受けることで再び昔の気持ちが蘇り、自分の体に自信が持てたり、異性と話す時も気負いせずに会話できるようになります。また、昔のような気持ちになると精神的にも若返り、異性と触れ合うだけではなく新しいことにもチャレンジしようというポジティブな感情がうまれます。処女膜があるのとないのとでは、パートナーが自分に対して抱く印象も大きく変わるので、コンプレックスを抱えているのなら婦人科形成などで相談してみましょう。