処女膜再生で人生にハリを与える|包み隠さず相談するのが吉

自信を取り戻す

悩む女性

処女膜は完全に膣口を塞いでいるのではなく、最初から小さく穴が開いています。性交をすると穴が広がって処女膜はなくなりますが、形成手術を受ければ処女膜再生を実現させることができます。

もっと見る

手術方法の違い

女性

処女膜再生の手術は、縫合手術やレーザー、プチ手術の主に3つの方法があります。ダウンタイムや術後の経過、手術費用がそれぞれ違うので、自分の目的に合わせて最適な手術方法を選びましょう。

もっと見る

上手な病院選び

医師

デリケートゾーンに施術を行なう処女膜再生は、クリニック選びが重要です。ウェブサイトで医師の経歴や実績を確認したり、実際にカウンセリングに行くことで相性や病院内の雰囲気を体感できます。

もっと見る

手術完了までの手順

目を閉じる女性

女性の多くはデリケートな悩みを抱えているものです。身の回りに相談出来る相手がいれば良いのですが、自分の体の悩みというのは家族や友人にもなかなか相談できずに一人で抱えこんでしまいます。女性のデリケートな悩みの1つに処女膜に関する問題があります。通常、女性の処女膜は初めて性交をした後に粘膜が押し広げられ、元に戻ることはありません。しかし、いざ結婚する相手と巡り会えたときに自分が処女ではないことがネックになり、パートナーに対して積極的になれないことがあります。昔のような処女膜を取り戻したいのなら形成手術を受けるしか方法がありませんが、手術方法にはそれそれ違いがありますし、クリニック選びも慎重に行なう必要があるので、手術を受ける前の下調べは徹底して行ないましょう。包み隠さず相談するのが良いです。

処女膜再生のために手術を受ける場合、初めに医師とのカウンセリングがあります。カウンセリングでは、手術方法の提案、流れ、アフターケアに関する説明が行なわれるので、安心して手術を受けるためにもしっかりと聞いておきましょう。そして、カウンセリングを終えたら手術前に局所麻酔がかけられます。麻酔針を打ち込むときにわずかに痛みを感じますが、非常に細い針を使うので痛みは最小限に抑えられます。麻酔によって感覚を鈍らせると本格的な手術が行なわれます。処女膜再生の手術時間はおよそ20分程で体に負担もかからないので、術後は歩いて帰宅できます。また、手術で使用される糸は時間とともに溶けるので、もう一度病院を受診する手間もありません。